« 勝田線、廃線散策。 | トップページ | JR奈良線の、不可思議。 »

2013年6月 7日 (金)

改正道交法、成立。

運転に支障がある病状を、虚偽申告して運転免許を取得・更新する事に罰則を設ける、規定等を盛り込んだ改正道路交通法が、本日、衆院本会議で可決、成立した。

先の、てんかん患者の運転する、多数者死亡事故(クレーン車事故=6人、祇園事故=7人)等の、被害者家族の要請を受けての、改正と成って居る。

てんかんや統合失調症、そううつ病等で発作を起こしたり、意識を失ったりする症状が有るにもかかわらず、隠して免許の取得や更新をした人に「懲役1年以下か罰金30万円以下」の罰則を定めた。

また、医師が診察結果を、公安委員会に通報できる制度も設けて居る。これについては、患者の情報を国に売るのかと言った、患者側からの意見も有るが、行わなければいけない自己申請が、出来ない様じゃ致し方ないと思う。

症状をお持ちの方々の、お気持ちも重々分かるが、罪無き方々の悲劇も、揺るがしようの無い結果で有る事を、理解して頂きたい。

|

« 勝田線、廃線散策。 | トップページ | JR奈良線の、不可思議。 »

社会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。