« 一本締めと、三本締め。 | トップページ | SNSサービス、色々。 »

2013年10月31日 (木)

有る有る、有るよね〜。

お金持ちの老人が、人気者の女の子に、君の得意分野でその力を発揮しないか。金なら持ってんど~、って、あるショップをオープンした。

人気者の女の子がお店をやってるってんで、お店は会員制乍ら大繁盛、おまけに会員待ちが500人も、お店は儲かって、オーナーはウハウハ。そこでオーナーは、親族10人を、従業員として雇用。

その、従業員達の給料はお一人頭、手取り32万円。人気者の女の子はオーナーに、従業員10人も追加されると、経営が成り立たないと具申したが、オーナーは聞く耳を持たない。

やがて、1年も経たない内に、経営不振で万歳状態に。すかさずオーナーは、赤字転落をする前に、お店の閉鎖を切り出した。

斯くして、オーナーとその親族10人の従業員達は、ろくな仕事もせず、お金を懐にし蜘蛛の子を散らす様に去って行った。残ったのは、可哀想な人気者の女の子と、会員様と、売却中の札が掲げられた、オーナーの物件のみであった。

と、言う、良く有る有る、有るよね〜。って、お話です。

|

« 一本締めと、三本締め。 | トップページ | SNSサービス、色々。 »

社会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。