心霊写真

2012年7月15日 (日)

忘れられない、怖〜い話。

忘れられない、高校時代の怖い話。夏休みの合宿で買い出しの荷物を持って、ロープウェイに3人で乗った時の事、ラッキーにもガイドさんが乗っていた。頂上駅で降りようとしたら、ロープウェイの可愛いガイドさんが、あなた達、忘れ物だよと言って、スーパーの袋を差し出した。

アレレ、スーパーの袋は全部で5袋だったのに、どうして、もう1袋有るの。ロープウェイは頂上駅迄、ガイドさんを含め4名の筈。乗った時には車内には何も無かった。

えっ、僕たちは5袋しか持って乗らなかったよ、と応えたが、ガイドさんは怪訝な顔をして、じゃあ、これは誰のかな、って事になり。ガイドさんが袋の中身を見た途端、何なのこれって一言。

スーパーの袋の中身は、お供の蓮のお菓子と、お線香にロウソクと封筒と小さな紙箱だった。誰のなのか分からないまま、私たちが預かって駅員に手渡した。

車内は狭いし、入った時には、何も無かったし、3人共、足下に荷物を置き、窓際に立って外を眺めていた。ガイドさんは私たちが居た、足下に残されていたと言っていたが、そんな事は絶対に無い。

怖いのは、宿舎に帰って、先輩達にその話しをした時だった。ロープウェイのガイドさんの搭乗は、一年前から無くなってたそうです。

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

茜堂の鐵路趣味トップページに、愛猫の顔が突如。

我が家の愛猫、アメリカンショート三毛の星(せい)君が寿命を全うし、本物の星になってから4ヶ月、不思議な事に私のHPの表紙の画像の中に、現れる様になりました。

最近まで気が付かなかったのですが、よくよく見ると、SLの左側とタイトルの鐵の字の上側の重なる辺りに、顔の様なものが見えてきます。ジーと見ていると、星(せい)君です。会いに来てくれたのですね。

http://homepage2.nifty.com/station-akane/
茜堂の鐵路趣味

トップページは、2005年11月3日に作り替えたので、当時の保存データを開いてみると、ちゃ~んといるではないですか。今の今まで気が付かなかった。うれし~な~。

| | コメント (0)