アニメ・コミック

2014年2月21日 (金)

発見、コナンの誤解。

見つけてしまった「名探偵コナン」の言い間違い。こいつは重大な、且つ痛恨のミス。

それは、SSコミックス「名探偵コナン」68巻の、後半に有った。コナン君の推理中、目暮警部に向かって「被害者は、犯人を知らないと思う」と言うべき所を「ひったくり犯が、ひったくる人の、名前なんて知らないと、思うけど」だって。

その9ページ後に、コナン君は「そうだったんだ、被害者は犯人の事を、知っていたんだ」と心の中で呟いていた。

流石の、コナン君もトチ狂っちゃったね。初版本だから、次回は直しておこう「ひったくられた人が、ひったくり犯の、名前なんて知らないと、思うけど」にね。

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

風林火山は、続く。

事林の如く、侵掠する事火の如し、動かざる事山の如し」略して、風林火山。

武田信玄が、好んで用いた軍略「風林火山」の本家で有る。実は、風林火山だけで、完結する単純な物では無い、孫子の兵法は、その後もまだ続くのです。

都合六編で「知り難き事陰の如く、動く事雷霆の如し」が、続く。コミックス名探偵コナン59巻に、そう有った。

| | コメント (0)

2011年8月 7日 (日)

そっくり、ピカチュウ。

ピカチュウにそっくりだと言われてる着ぐるみ、山口県宇部市のエコハちゃんをTVでしっかり見届けた。ピカチュウと言うより、ポケモンのお仲間には居そうなキャラでした。

ピカチュウにそっくりな所は、ほっぺの赤丸だけで、後は似て非なる物だったが、ピカチュウに似ていると言われれば、第一印象はそうかなとも思う。が、

デスクに、ピカチュウのフュギアが有るので、mimxの画像で見比べてみると、やはり似てる所は、ほっぺ位な物で、後は全くピカチュウを連想する所は無い。試しにフォトショで赤丸を削除手術をしてみたが、キリッとした小動物に成ってしまった。

どちらかと言うと、ピカチュウは下膨れ、エコハちゃんは丸顔。どちらも、チャームポイントとして、ほっぺの赤丸が印象に残り、この手のキャラクターを、赤丸ほっぺにしてしまうと、全てピカチュウイメージになってしまう。

赤丸ほっぺ=ピカチュウ、なので仕方が無い。でも、北国の林檎ほっぺの子供達が、ピカチュウより先行していると思うのだが。

| | コメント (0)