スポーツ

2014年2月11日 (火)

ラガーの、マン。

お馴染みの、馬から落ちて落馬した語の、ラガーマン、これってラグビー選手マンだよね。

それならば、スケーターマン、ボクサーマン、テニスプレイヤーマン、バッターマン、ピッチャーマン、アンパイアマン、レスラーマン、レフェリーマン、F1レースのレーサーマン、トラック野郎マン、TXドライバーマン、男性のストリッパーマン、なんか他に無いかな~、◯◯マン。

それはさて置き、ラグビー選手マン(ラガーマン)の憧れの地、近鉄花園ラクビー場グラウンドを無償で、東大阪市に譲渡プレゼントする方針を固めたんだって。

無償たってその後のお手入れに、結構な市民タックス税を、投入しないといけないんだって。近鉄は、お荷物を東大阪市にトライ、した。

チェケラのラッパーマン、トランぺッターマン、ギタリストマン、もう良いか、飽きちゃった。

| | コメント (0)

2014年1月26日 (日)

メジャーリーガー、高給。

凄いですね、メジャーリーガーのお給料。あの楽天のマー君、カタカナなのか平仮名なのかは知らないが、今話題のマークンで有る。

7年契約で、161億円もの高給、年収で言えば23億円、月収で言えば約2億円なんだが。厳密に言えば1億91666667円、もう良く分からないので、億以下は数字の羅列で許して。

さて、月収が約2億、恐らく手取りは半分位だと思うが、そらあ、貯金が貯まって大変だろうね、まあ、他人の金庫を覗いても致し方ないが、兎に角持って、羨ましい限りで有る。

| | コメント (0)

2013年12月 7日 (土)

都市伝説、楽天優勝。

楽天の優勝には、有る筋のシナリオが、有った様な無かった様な、不思議な符丁が色々と残されている。

東北大震災、政府は、その対応の悪さから、今だ復興のつち音も響かないまま、年の瀬を迎える事への危惧が高まり、地域住民の不満を和らげ昂揚を起てる為に、楽天を優勝させるしか無いと判断した。

東北楽天のもつれにもつれた、優勝最終日は、11月の3日。裏返せば、3月11日、つまり東北大震災の日だ。逆に言えば不幸を裏返し、幸福を東北にもたらした日だ。バランスを醸す為、楽天に有利な様にエラーや誤審が多かった。つまり混戦を演出し11月3日迄、引っ張ったのだ。

最後にマー君がマウンドに、あの声援、巨人の選手は誰も打てなく成る。もし打って勝ってしまったら、その選手は、政府に睨まれ、全国民に避難の矢面に立たされる。それは、言葉では無く呪いに近い、怨念と成って身に降り注ぐ、その様なリスクを背負って迄、塁には出たくは無いだろう。

事実、ナベツネさんの敗戦の弁は、いつも見せない満面の笑顔で「いいんだよ、東北の人は、皆喜んでたんだから」だった。あの状況で、巨人が勝っちゃうと、国民からも政府からも睨まれちゃうから、巨人軍の負の判断は致し方無い。

と、言う都市伝説が存在する。信じるか信じないかは、貴方次第です。

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

阪神の虎、原画の謎。

当時の、大阪タイガースが創立された時に、阪神電鉄事業部の社員が描いた「阪神タイガースの虎のマークの原画」が、西宮市の市大谷記念美術館「とら・虎・トラ展」で展示されてるが、虎の向きがマークとは逆向きなんです。

ここから先は、オイラの推測ですが、日本の鉄道は左側通行ですから、運転席はホーム側に有る、もし、車体にマークを付けるならば、ホーム側の側面で、当然、進行方向の、左向きと成ってしまう。鉄道マンの性から、虎は左を向いていて然りで有る。

ここ迄は、左向きの虎で良いのだが、球団マークとなると、バッターの居る側のホームベース上から見ると、1塁は右向きで、3塁は左向きと成る、得点を上げるには先ず、右向き方面に走らなければ成らないが、虎が左向きでは、得点には繋がらない。

それと「Tigers」の「T」の英文字が、大文字なので左に向けると、頭を喰ってしまうのと、デザイン上のバランスが悪い。右虎では「T」の大文字が首辺りに来るので、とてもバランスが良い。優秀なデザイナーなら、オイラが考えたコンセプトを踏まえた上で、右虎に変えるで有ろう。

でも唯一、左虎マークは存在する。それは、電車の前向きと同じ発想の、ユニフォーム左肩に有るマークなのです。選手も前に進行するからだ。

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

五輪と、煙草。

東京オリンピック開催の支持率が、70%に上昇。来日した、国際オリンピック委員会(IOC)の、役員達も始終にこやか。中々の感触。でも、彼らも大人、ご招待だから仏頂面はしないだろう。何処の国でも愛想笑いは忘れない。

それはさて置き、2010年7月21日、世界保健機関(WHO)と、国際オリンピック委員会(IOC)の、ローザンヌにおいての合意文書によれば、すべての人々に運動とスポーツを奨励し、タバコの無いオリンピックを実現し、子供の肥満予防の為、健康的なライフスタイルを奨励する事を、共同で行うと有る。

つまり、国際オリンピック委員会(IOC)は、はなから煙草がお嫌い。オリンピック開催地には、受動喫煙防止条例が必要となって来る。然して、他の五輪誘致都市には、既に受動喫煙防止法が有るが、東京のみ野放し状態。そして、猪瀬都知事は公然と喫煙を敢行している。

五輪柔道金メダリストの強姦裁判、五輪女子柔道の体罰問題等で、足を引っ張ったとご立腹だが、五輪の本質は健康スポーツの祭典で有る事を、忘れてはいけない。

近年の五輪では、受動喫煙防止法の無い都市は、全てふるい落とされている。賢明な方なら分かると思うが、東京五輪誘致の行く末が。

| | コメント (0)

2013年2月23日 (土)

スポーツと、酢昆布。

バレーダンサーのコスチュームは、臭いんだって。公演中は一度も洗わないのが普通、その公演用には1着限定で使用され、手洗いも出来ない様な繊細な作り。然も昼夜の1日2回公演で、ロングラン公演の場合、最悪なんだそうです。

汗が乾く暇も無く、他人も使うので、かなり衛生状態は悪いそうで、お酢が発行した匂いと、カビの匂いが混ざり合っていて、大変だと言う事です。

私の学生時代、格技の時間は剣道だったので、面の着用時には頭がクラクラする位、汗臭かった。もう「都の酢昆布」以上の、鼻がツンとする臭さ。特に後の時間に当たると、前のクラスの汗が残ってて、小手はヌルヌル、面もヌルヌルで、発酵の頂点に達していた。

どうして体を動かす、ユニフォームは、小汚い部分が有るのだろうか。洗濯が出来ないって部分も有るんだろうけど、私は「都の酢昆布」が好きだったから、許せるんだが、苦痛は修行の一環なんだろう、きっと。

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

スポーツマンは正々堂々の、二枚舌。

スポーツマンは正々堂々と、なんて嘘付くなよと言いたいね、慣用句なんて時代錯誤の言葉だろう。相手を騙して勝利する、フェイクや、フェイント等、今や常識だろう。野球の隠し球、相撲の猫騙し、テニスのドロップショット、バレーボールのダブルクイック等々。

甲子園でも「正々堂々と戦います」なんて、誓いを立ててるが、故意四球も有る、いわゆる敬遠。

こいつはルールで立派に認められている、正々堂々では無い行為。流石に、違反では無いが「隠し球」は行いませんね、ブーイングが怖いから。

試合は死合、騙し討ちは有りなんだ。スポーツのルールでも、認められてるんだから。

| | コメント (0)

2012年12月11日 (火)

プロ野球選手と、キリギリス。

日本のプロ野球選手、そこそこの選手は現役中はお金持ちで、リッチな生活をエンジョイ出来るが、花形選手だって引退後は、退職金も無く悲惨な生活が待っている。まずは浪費癖が急には抜けないし、貯蓄は2~3年で底を着く。

そして、この就職難の時代で、手に職も無い中年は、中々潰しが利かない。それこそ再就職出来るのは極一部の選手だけで、その大半が、かなり厳しい状況下に置かれてしまう。

更に年老いてからの年金が問題である、彼らは国民年金の他にプロ野球選手の年金制度が有るが、今年の春に、この年金制度は崩壊してしまった、つまり、一銭も入って来なくなってしまったのだ。国民年金だけでは、老後はかなり厳しい。

どうして日本のプロ野球選手は、メジャーへ行くのか、ズバリ、それは年金目当てなのだ。メジャー在籍5年以上で、60歳から年間2000万円程が機構から支給される。メジャーの財力は、日本のプロ野球とは雲泥の差、天と地の違い程有る。

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

野球解説の、常套句。

高校野球、飯塚VS仙台育英の一戦、大量得点を与えてしまい降板のピッチャーに、解説者が一言「自分のピッチングをさせて貰えなかった」。

何を言ってるんでしょうか、させて貰えるも何も無い、自分がするしかないんじゃないの。対戦相手の所為にしたって、仕方が無い。この試合を最後迄見ていたが、ここでは「自分のピッチングが出来なかった」で有ろう。

いつも思う、このフレーズ、一捻り足りないアナウンサーや解説者が、安易に使う常套句「自分のピッチングをさせて貰えなかった」。便利でかっこいいフレーズだとでも思ってるんでしょうか。

それにしても、デッドボールで安全進塁権を与え、ワイルドピッチングで進塁させ、再度のワイルドピッチングで本塁を踏ます。いやはや何とも、「自分のピッチングをさせて貰えなかった」悔いの残る配球だった。

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

国籍変更選手、20カ国に散らばる。

中国のスポーツ事情は凄まじい物が有る。国内でのオリンピック選考では、出場者の数が決まっているので、選考に溢れそうな選手は国外に出て、それぞれの国からオリンピック選手として、出場する。

凄いのは、各国に散らばって、出場を果たした選手達は、優秀な成果を生んでる所に有る。さながら、中国人のメダル獲得の為のオリンピックの様相を、呈している。

まあ、どうしてもオリンピックに出たいんだったら、国籍変更するのも選択肢の一つとして、認められているので仕方が無い。

もう、ナショナリズム云々よりも、個人の競技として、オリンピック主催国で、各競技出場の為の選別大会を行ってみたら、面白い。近所に弓の上手い爺さんが居るが、そんな爺さんが、アーチェリーの選別大会に出る。勿論、爺さんは和弓なんで、恐らく洒落た洋弓なんて、触った事も無いと思うが、それでも問題は無い。

皆さん実費での出場となるので、自由に参加出来、冥土の土産に、オリンピック選別大会に出てみると言う、お年寄りが増えるかもしれない。

燃し、選別大会が行われたら、世界中から押し寄せるかもしれないから、地盤沈下や、地球の重さが偏ってしまい、大変な事になるかもしれないが、そうなったらそうなったで、面白いかも。

| | コメント (0)