住まい・インテリア

2013年12月22日 (日)

灯油と、電気。

我家では朝のリビングダイニングでは、灯油ストーブをONにして、直ぐさま、クーラーの暖房をON。部屋が超温々に成った頃、バアちゃんが起きて来る。トイレも、廊下も、洗面所も温々で有る。

月〜土曜日の内、4日間、朝9時にデイケアの送迎車がやって来る。それと同時に、クーラーの暖房はOFF、灯油ストーブもOFF。斯くして、余熱の残るリビングは、暫し、ネコ助の憩いの場所と成る。

我家では、灯油と、電気はとても仲良しで有る。

| | コメント (0)

2013年11月12日 (火)

電池の、寿命。

階段に置いてる、足許ランプ。人が近付くと点灯し、離れると暫く経って消灯する。単2電池4つで働く優れもの、可成り明るい。要所要所のコンセントに設置している、暗く成れば灯が付くのより、ダントツに明るいし、使い勝手が良い。

最近、吹き抜けの踊り場の足許ランプのみが、寿命が早い。オバアちゃんが夜中、トイレに立つ為かなって思ったが、それにしても電池交換が激しい。

ある日、分かった。犯人はネコ助である。彼は夜中が暇なので、うろついてるんだが、何故か吹き抜け上の踊り場が、お気に入りな様だ。そこを重点的に、いや、そこを起点として活動してる。ネコなんだから、外出すれば良いんだが、困ったもんだ。

| | コメント (0)

2013年7月24日 (水)

疲れた、疲れた。

疲れた、疲れた、疲れた、疲れた、疲れた。

ボロボロに成っている、2階のベランダのマットを剥がし、粉々を掻き集め、排水溝を奇麗に掃除。ホースを上へ引っ張っての大掃除。足は暑いしお日様ピカピカ。

少し立って乾いた所で、ピカピカの緑のマットを敷き詰めた。足触りが満点、大満足だが、疲れた、疲れた。

| | コメント (0)

2012年12月22日 (土)

座敷童な、お話。

世にも不思議な物語を、良く耳にするが、我家でも不思議が有る。

長女が誕生し2年目に、我家を新築し、今の家にやって来た。その前に我家の立地状態を説明しよう。角地で東西南には遮る物は無く、日が燦々と輝き風の通りも良い。西側に通路が有り我家の前で北に折れる。門は西側で玄関は南に有る。

入居して、最初に感じたのは、リビングで長女が一人で有る方向を向いて、ニコニコ笑っている。座敷童が遊んでくれていると思った。長男が誕生した時、お昼は皆が居るリビングに置かれたベビーベッドで過ごす。

その彼も、娘が感じた同じ方向を向き、ニコニコはしゃいでいる。少し大きくなったら、ベッドで立ち上がり、同じ方を指差しはしゃいでいる。その頃には、もう娘には座敷童は見えなくなっていた様です。

そして、数年が経ち我家にワンちゃんがやって来た。リビングで生活するワンちゃんは、いつもの一点に向かって、床にしゃがみ尻尾を床にフリフリし、喜んでいる。ワンちゃんには座敷童が見えてる様です。頻繁にフリフリしていました。

そのワンちゃんも、大きく成っちゃって、反応する事は余り無くなってしまいましたが、それでもたまに、その方向を向きキョトンとした様な顔をし、思い出した様に喜びます。

お陰で家族4人は病気知らずの健康人間で、日々楽しく過ごしています。ワンちゃんも来てから17年、とっても元気です。因に、歴代の猫クンには見えない様です。

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

正直者は、カバを見た。

我家は、角地の見晴らしの良い場所に有るので、やれ、屋根瓦のモニターだとか、壁の塗替え、張替えモニターになって頂けますか、や、世間を憚る◯◯◯等、何だかんだと、セールスさんがやって来ます。

昨日書いた植木屋さん編では、今年で二回目、宗教屋さんも、たま~にやって来る。私は敬虔な仏教徒ですと言えば、タダで他宗教の読み物をプレゼントしてくれ、直ぐに帰る優しい方々です。

でも大概のセールスマンさん達は、お仕事をさぼる事で超忙しい私の前で、何だかんだと一方的におしゃべりになり、貴重な時間を潰してくれる、大変有り難く無い方々なのです。

私の前で時間を潰すより、車の中で缶コーヒーでも飲まれてた方が、人生に於いて有意義な事だと思うのだが、私より頭が悪いのか、諦めて車に帰ろうとはしない。

そして、利口風な私は居留守を使う事を思いついたが、根が正直者の私は、ホイホイとインターホンを取ってしまう。やはり正直者は馬鹿を見る時代なのだと、やっと判った今日この頃でした。

| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

網戸が、穴だらけ。

我家の一階の網戸は、おトイレと風呂場以外はほぼ全滅。特にリビングの南側の大きな網戸が酷い。あちらこちら、猫クンの爪で網に結構な数の穴が目立つ。お蔭で、小さな虫が大挙して入って来る。

田舎なもんで、網戸の外に虫達が遊びに来ると、中からとっさに飛び掛かる。そして網戸に掛けた爪が、重みでズリ下がる。然も爪が引っかかって、暴れて外すので、ぽっかりと穴が開く。実にシステマチィックな流れで有る。

網戸を一枚換えるのに、6千円程掛かる。網をロールで買ってくれば安くは付くが、とっても面倒臭い。ワンちゃんご乱心時の、靴箱の扉の傷修復は、自分で修復したが、中々の出来映えに、大満足。プロより旨いと家族には褒められた。

褒められると、調子にのるタイプなので、きっと秋頃には、私が網戸の修復を行ってる事だろう。

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

お家のローン、無事終了。

お家のローンが、残り7年も有ったのですが、清水の舞台から飛び降りて、本日、平成24年5月11日の大安吉日の午前11時に、一括返済が完了しちゃいました。

住宅ローンの繰り上げ返済の手数料は、5250円。安いのか高いのかは、良く解らんが、取り敢えずローンが終了して、肩の荷が降りた。後は関係書類が出来次第、法務局で銀行屋さんの根抵当を外すのみ。

平成3年の初夏から始まった、長〜い、ローン。でも、以前住んでいた家賃と駐車料金を考えると、年間通しても随分と楽な支払でした。

今日は肩の荷が降りた分、旨酒を浴びるゾ。

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

さばけた、施行業者。

我家のIHクッキングヒーターの工事が終わったが、今回の施工業者さんは、手際が良く安心して任せられた。

前回、下調べに来た業者は、とてもいい加減な二人だった。ブレーカーから、台所迄の配線も今一スマートでは無く、外の引き込み線も変更しない。極めつけは22.5センチ有るスペースを、5ミリ足らないので、設置出来ないと来た。

システムキッチンのメーカーさんに、5ミリ足らんそうなので拡張してくれと、頼みに行ったら、足らない訳が無い、問題無く入りますと言われ、必要サイズ(22.5センチ)を教えて頂き、私が計り直したら、全く問題無い。

それで工期が、一週間以上遅れた。でも、まあ、良しとしよう。いい加減な業者で進行していたら、きっとブレーカー落ちまくりだったろう。

現在、外の引き込み線も太くて、容量の有る線に変更してもらったし、ブレーカー回りも、外からの配線が綺麗に隠されスマートになっている。内も外も美観が損なわれていない。施行業者さんのセンスが光っている。

| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

キッチングリル、IH化。

昨日、キッチングリルIH化に伴い、配線や設置場所の検分の為、某大手家電店の方々2名がやって来た。

ブレーカー回りを見て、配線方法を検討し、最後に、システムキッチンの天板とグリル底板のサイズを計り、発した言葉が「あれ、サイズが5ミリ足らない」二人して大騒ぎ。

こんな事は初めてだと、キッチンメーカーの名前を出し、何でこんな事になってるんだろうか、と、自分の会社へ報告。家電の担当者から折返し電話が有り、グリルのスペースが5ミリ足らないので、設置が出来ない為、対応機種を探して見ます。と言う事で、取り敢えず作業はペンディング。

本日、5ミリ削って下さいとの相談に、キッチンメーカーの某大手の支店に伺い、事情を説明。こちらの担当さん曰く、工場で一環製造しているので、5ミリ足らないなんて有り得ないとの事。

天板からグリル底板迄のスペースは、225ミリに設定されていますので、再度、某大手家電店に連絡してみて下さいと言われ、帰宅後その旨を伝えると、明日、担当者(お店の偉い方)自ら、計り直しに伺いますとの事。

私の定規で計ってみると、ちゃんと225ミリ有るのだが、昨日来たお二人は、あれ、有れ、アレ、と言い乍ら何度も計っていたのだが、一体どの様な定規で計ったんだろうか。不思議です。明日の再計測がお楽しみ。

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

不気味な、電話。

少し恐~い、電話のお話。我屋の電話は、3回線有る。一つは自宅用の電話で子機が3台で、親機はリビングのカウンター横の壁に掛かっている。もう一つは二階に有る、電話とFAXとネット用の電話で、もう一つがお仕事用の電話とFAX用で有る。こちらは更に上の階に有り、これのみ留守電機能が付いている。

以上が、我家の電話の相関図だが、今日の夕方、急に雨がシトシト降り出して来た。愛犬達との散歩に出かける予定だったが、暫く様子を見る。リビングで新聞を読んでいたら、カウンター横の電話が鳴った。しかしワンコールでベルは鳴り止んだ。その後すかさず「只今、留守にしています」と、有り得ない音声が。

留守電機能が付いている電話は、かなり離れているので、ベルなんて余程耳を澄ませないと聞こえて来ない。然もワンコールでは留守電メッセージは流れない。7コールに設定しているからだ。

聞こえて来たのは、まぎれも無く、留守電メッセージの下りで有る。有り得ない、一瞬背筋が凍ったのは言うまでもない。不可思議現象なんて、そうそう有る物でも無いが、この一件は、全く説明が付かない。勿論、晩酌前なので、血中アルコールは、ゼロのシラフで有る。

少〜し、怖いお話でした。今日は早く寝よ〜と。


緊急追記=お騒がせしました。多分自己解決です。
息子に話したら、リビングの電話にも留守電機能が付いているとの事、但しワンコールでは作動しないし、留守電ボタンは作動させていないので、なる筈が無いが、多分、電気系統の何らかの接触不良でも起きたんだろうとの事、オカルト的な物では無いとのご指摘有り。私もその方が都合が良いので、そうだと結論づける事にした。

| | コメント (0)