文化・芸術

2014年4月 3日 (木)

クレヨンと、クレパス。

南こうせつが、24色のクレヨンを使い、クレヨンしんちゃんが戯れ、クレヨンハウスでお買い物、巷に有るお名前は、全て総じて「クレヨン」で有る。

総じて「クレヨン」では有るが、私は幼少の頃から、お絵描きは、ず〜と「クレパス」で有る。描き易いし画用紙に良くなじみ、そのお陰で発色がとても奇麗である。

クレヨンは世界共通の名称で、クレパスは日本のサクラクレパスの商品名、クレヨンとパステルを掛け合わせた様な物で、一般名称を「オイルパステル」と言う。

だから、クレパスと言う名称は、サクラクレパス意外は使用が出来ないのです、残念だが。でも、燃し、クレパスしんちゃんだったら、う〜ん余りお馬鹿出来ないので、やっぱり「クレヨン」かな。

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

宮本武蔵、画。

宮本武蔵が描いた「枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず)」よくよく見れば、枯木の中程には、一匹の芋虫が描かれている。

眼光鋭く木の頂きに止まる百舌鳥が、武蔵なのか、それとも百舌鳥に向かって登り行く芋虫が、武蔵なのか。枯木のバランスも心地良く、背景の無限の空間が、吸い込まれる様な不思議な力を出している。

描かれた枯木は、静かに天を仰ぐ刀の様でも有り、一部の攻め入る隙も無い。正に、そこに武蔵が佇んでいるかの様な、一幅で有る。剣聖が描くと、斯様な絵に成る、恐るべし武蔵。

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

交響曲第1番、HIROSHIMA。

ゴーストライターが18年間、提供先が超有名人に成って、いつかバレるんじゃないかと、不安が募り、ついに自らゴーストライターで有る事を、暴露してしまった。

只、出来上がった楽曲には罪はない。別に、誰が作ったかでは無く、良い曲は良いので有る。と言う事にして置こう。惜しむらくは、合作にして置けば良かったのだが。

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

トヨタの、新作車。

トヨタのスープラ以来の、コンセプトスポーツカー、結構カッコ良いね。アメリカ人デザイナーの、メイドインUSA。

北米国際自動車ショーで発表された、この試作車「FT-1」は、スペック未知数だが、外観や内装は兎に角、イケて居る。メーター類は透明のプロンプター風で近未来的。

スープラの後継車だそうです。可成りお高く成るんだろうね。

| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

歌手って、アーティスト。

我が国、ジャパンでは「アーティスト」と言えば、歌い手の事を言う。外国では「アーティスト」と言えば、芸術家を指している。

我が国、ジャパンでは、歌手や演奏者を美化神格化する言葉として、ミュージシャンではなく、「アーティスト」と呼んでいる。演歌歌手達は恥ずかしいからか、良心の成せる技からか、決して自らを「アーティスト」とは呼んではいない。勿論、我が国、ジャパンだけの現象である。

誠にもって、恥ずかしい。我が国、ジャパンの歌手達は、自分の事を「アーティスト」と言って、或は呼ばせてはばからない。笑っちゃうよね、滑稽だよね。

因に、口パクの似非ミュージシャンなんて〜のも「アーティスト」と言うそうだ。

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

最近の干支、事情。

私の若い頃のお正月の刊行物には、「十二支」の文字とイラストが踊っていたが、いつの間にか「十二支」の代わりに「干支」の文字が。でも、それって可笑しい事だと、誰も思わなく成っている様だ。

私は毎年、夏場から手帳の編集をしているので、若干言わせて貰うが「干支」とは「十支」と「十二支」との組み合わせで、60番も有る。因に今年は30番目の「癸巳(みずのとみ、きし)」で、十支は「癸」十二支が「巳」。十二支だけで表すと「巳年」なんです。

陰陽五行では、十干の癸は陰の水、十二支の巳は陰の火で、相剋(水剋火)と成る。これはヤヤコシイので置いとこう。

ついでに、十支(じっかん)は、干支では前に置かれるから、天支(てんかん)とも言われ「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」そして、十二支(じゅうにし)は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の総称なのです。

日本の文化が崩壊する前に、自民党さん、自国民の再教育をしようでは有りませんか。

| | コメント (0)

2012年12月19日 (水)

感覚で話す、現代言語が面白い。

「まだ15歳だから、親を越えるのはもう直ぐだな」って、変だよね。それを言うなら「もう15歳だから、親を越えるのはもう直ぐだな」或は「まだ15歳だから、親を越えるのはまだまだだな」のどちらかだよね。

まあ、言いたい事は感覚で伝わる、とにかく親を越えるだろうと言う事だ。だから、前後左右のつじつまや、文体はどうだって良いんです。(本当は良くは無いんだけどね)

最近の日本語は乱れまくっている。でもその乱れた日本語が標準と成って来る。言葉ってのは日々変化しているのです。

例えば「坂を上る」は、大昔は「平坂(ひらさか)を上る」だったが、「平坂(ひらさか)」は、地方によって短縮省略が進み「平(ひら)」と「坂(さか)」に、進化します。

つまり「坂を上る」は「平を上る」なのだ。知らない人から見れば「平なのに上るとは、これ如何に状態」と成る。

| | コメント (0)

2012年6月21日 (木)

カタカナ語、ころころ。

我国のカタカナ語は、時流に応じてコロッと変わってしまう。何故だか、コロリです。

少し古い所では、エネルギーがエナジーに。スパゲティーはパスタへ。デザートてのがスィーツに。どうして変わっちゃうんだろう。何か不都合でもあるんですか。それとも飽きちゃったんで、商業上の活性化でも図ってんですかネ。

夏場に向けて定着しそうなのが、アイス改めジェラート。英語からイタリア語に変わっただけなんだけど、何となく新鮮で高級っぽいW

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

日暮修一さん、旅立つ。

日暮修一さんが、75歳で亡くなられてたのですね。ご冥福をお祈り致します。

あの頭デッカチな愛嬌の有るイラスト、好きでした。とっても表情がリアルで数々の著名人を、ビックコミックの表紙に飾っていましたが、最近、コンビニでちらっと見た時、タッチが変わってて、あれあれって思たのですが、代役のイラストレーターだったのですね。

40年間のイラスト、作品集の発行を望んでいます。小学館さん、ご一考をお願い致します。

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

直樹賞VS、芥山賞。

萌絵は言い放った、つまらないわ、だって、芥山賞なんて言うけど、たかが小説。それに何なのあの人、少しは嬉しそうにすれば良いのに、でも内心はとっても嬉しい筈だわ。今迄認めてくれなかった、悔しさが、嬉しさを一時的に上回ったのかしら、不器用で素直な方なのね。

次回、直樹賞候補の「萌絵の憂鬱」より抜粋。

| | コメント (0)