鉄道

2015年2月22日 (日)

何がヒートするか、分りません。

ヤフオク入札件数70、切符カテで最高のヒート数、何と「A券の赤線入場券、赤野驛」で、開始100円から、現在5450円となっている。

実は、新規クンと139点クンの、二人の小出しバトルで、入札件数が70にも跳ね上がって居る様だ。この切符、当然、ごめん・なはり線の赤野駅では無い、廃線の土佐電鉄の赤野駅である。然も、この切符は、廃札で可成りの枚数が流通している。且つて、ヤフオクでも結構顔を出しているが、50円でも売れなかった代物です。

かく言う私も、赤野驛と手結驛を持っています。30年程前に友達が数枚持っていたので、無心した物です。

このヒート、確執の様な物を感じるが、お二方、それぞれに、特別な思い入れでも有るのだろうか。某、紙物屋さんでお安く出されていますよ。ヤフオクでも、待てば、又、出て来ると思うのだが。

ヤフオクのバトル、深読みするのも、物見高い観戦ユーザーとしての、一つの楽しみでも有ります。

| | コメント (0)

2015年1月31日 (土)

困った、特殊フィルター。

最近、鉄道撮影に余り出掛けなくなった。出掛けないと言うか、出掛けられないが正確な言い方なんだろう。

以前は、モノクロ中心だったから、大雨、台風以外であれば、天気を気にする事無く出掛けていた、むしろピーカンを避けるくらいで有った。最近はデジカメでの、カラー撮影が中心となった為、やはり青い空と白い雲の下が、美しい。

然るに、九州地方は、緑豊かな撮影地が多いんだが、背景の青空や山の緑はドンヨリとしている。一面グレーのフィルターが掛かっている。中国製のフィルターで、その名をPM2.5と言う。

撮影のチャンスは、正月3ヶ日明けの晴れた日、旧盆明けの晴れた日、雨風(台風、長雨、梅雨、強風)が、数日続いた後の晴れた日等、年間にして、そのチャンスは僅かしか無い。カメラを手にする度に、昔は良かったが脳裏を掠める。

| | コメント (0)

2014年4月 6日 (日)

遊び心満載、JR九州。

鉄道に、遊び心を取り入れたのがJR九州、実に九州各線、各地方事にイベント列車が活躍をしている。

その中での集大成が、クルーズトレイン「ななつ星」で、日本では類を見ない超高級、超高額、超高嶺の花的な豪華クルーズ列車で有る。

観光列車では「特急ゆふいんの森」「特急A列車で行こう」「SL人吉」「特急あそぼーい!」「いさぶろう・しんぺい」「特急はやとの風」「特急指宿のたまて箱」「特急海幸山幸」等々。

特に宮崎〜南郷で運用されている特急海幸山幸は、何と禁断の木造車体を採用.外観にもふんだんに木目の美しい、飫肥杉を使用しいている。

各ターゲットを明確に絞り、拘りに拘った列車を作り上げている。それ以外の813系、815系、817系、等の普通列車や、800系新幹線、特急787系、883系、885系等のデザインは、日本でもトップクラスのデザイン力を誇っている。

だから、何って、だから素晴らしいって、九州人のお話です。

| | コメント (0)

2014年3月28日 (金)

撮り鉄、盛沢山。

久し振りの乗り鉄、撮り鉄、飲み鉄。直方駅前が整備されたので、遊びに出掛けた。

浦田駅で下車し、反対ホームに移動し原田線の回送気動車キハ31を撮影、猛スピードで通過して行った。その後、直方駅へ。ひとしきり駅舎外観を撮影し、帰路に付く。反対側のホームに上り電車が滑り込んで来た。

床下機器が青色、むむむ、蓄電車だ。817系蓄電車、こいつは珍しい、初めて現物を見た。上り方の側線を覗いて見れば、これまた珍しいクハ411形が、ホームから離れて待機している。

カメラに十分収録し、缶ビールとチクワを手にして、下りの817系1000番台に乗り込んで、グビッ、パクッ。更に途中下車し、生ビールを3杯引っ掛けて、帰宅をした。

| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

最近の、屑鉄。

最近の世相を反映してか、どうしようも無い屑鉄が湧いて出ている。

自分本位で、他人の迷惑を考えない、社会を敵に回して楽しんでいる風でも有る。世を拗ね、荒んだ心を持ったまま、大人に成った様な、社会生活不適合者な屑鉄。我侭でどうしようも無い幼稚な屑鉄。注意書すら読めない文盲的な屑鉄。

屑鉄には屑鉄なりの言い分が有るのだろうが、一般社会では通用しない事を、錆びて朽ちる前に、気付いて頂きたい。

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

使われなかった、渡り線。

昨日の新幹線、有楽町のビル火災のお陰で、新神戸から法要の為に来福の弟君が、我が家に着いたのが、午後10時半、いやはや。

品川駅構内下り方のダブルクロス(両渡り線)を使い、品川駅を発着にして置けば、昼過ぎ迄、全休する事は無かった筈なのに。渡り線の事を、ど忘れしてたのだろうか、JR東海新幹線鉄道事業本部は、正月三日の早朝からお休みの新幹線、正午には、九州新幹線に迄、影響が出ている。

正月三日の早朝から深夜迄、グダグダの新幹線、品川の両渡り線を使わなかったのは、正月ボケか、それともお飾りか、兎に角、駄目だこりゃ。

| | コメント (0)

2013年12月30日 (月)

ネタが溢れる、HP。

我が愛するHP、茜堂の鐵路趣味。ネタが多過ぎて消化しきれていない。更新用の素材が来年の半ば頃の分迄、仕上がっている。

にも関わらず、未処理のネタがワンサカ有る。取り敢えずチマチマ作り上げて行くしか手は無い様です。来年も仕事の合間に、HPネタの仕上げ作業に明け暮れる。楽しくも有り苦しくも有る、孤独な作業が待っている。頑張ろう。

| | コメント (0)

2013年12月29日 (日)

雪だ、撮り鉄だ。

朝からの雪、昼を少し廻って雪は止んだ。良し、撮り鉄に出発、進行。

雪は、まばらに積もっているので、狙いは、真っ白な三群山背景、近場で勝負。映り込む建物は無い。雲と青空のバランスが奇麗だ。偏光フィルターを装着。青空は深い群青色に、白い雲とのコントラストが抜群。

暫く待つと、下りの817系2000番台がファインダーを横切った、数分後には上りの817系が、こいつも2000番台。上々のシーンを切り撮って、2本で撤収。寒かった。

| | コメント (0)

2013年12月 6日 (金)

撮り鉄、歩き3キロ。

久し振りの、撮り鉄。柚須駅から勝田線の遺構を求めて、歩く事、約3キロ。線路沿いに道は無いので、迂回路を歩き乍ら、随時、線路に近づく。カメラと長玉が右肩に食い込む。

雑草が生い茂り、アングルを決めるのに、苦労をした。苦労の甲斐があって、まあまあの収穫でした。

帰りは、途中下車をして、駅前で焼き肉と生を3杯、右肩と足の疲れも吹っ飛ぶ旨さだった。

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

日田彦山、線。

日田彦山線(ひたひこさんせん)。ご存知、福岡県北九州市小倉南区の城野駅から、大分県日田市の夜明駅に至る、JR九州の鉄道路線です。

読み方イメージでは、地元が、日田(ひた)彦山(ひこさん)線(せん)で有るが、全国区では何故か大半が、日田彦(ひたひこ)山線(さんせん)で有る。中には、日田彦(ひだひこ)山線(やません)と呼ばれる方も居る。飛騨高山ではないんだから。トンデモナイ思い違いで有る。

特に九州外の鉄ちゃんに多い、日田彦(ひたひこ)山線(さんせん)は、函館本線の長万部~小樽間の山間部、通称、山線(やません)のイメージが、ダブっているのかも知れない。

読み方のコツは、まず、彦山(ひこさん)線(せん)をイメージし、頭に日田(ひた)をくっ付ける感じで、読まれるとスマートに成ります。お試しあれ。

郷に入れば郷に従うで、九州においでに成る際には、どうか日田(ひた)彦山(ひこさん)線(せん)と、お呼び下さい、きっと日田彦山線も喜ぶ事でしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧